beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新潟医療福祉大が20年入部予定選手発表!青森山田FW田中&左SB神田やMF小池、SB森田ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手権3得点のFW田中翔太(青森山田高)は新潟医療福祉大へ。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 北信越大学サッカーリーグ1部3連覇中の新潟医療福祉大が、20年度の入部予定選手を発表した。(協力=新潟医療福祉大)。

 今月13日の選手権決勝で敗れたものの、プレミアリーグファイナル優勝、選手権準優勝という成績を残した青森山田高(青森)のFW田中翔太と左SB神田悠成が進学。田中は得点力と前線でボールを収める力、神田は豊富なスピードや対人の強さなどが評価されてともに選手権優秀選手に選出されている。

 高体連からはインターハイ優秀選手の技巧派レフティー・MF小池陸斗(尚志高)とフィジカル能力の高さと得点力が魅力のストライカー、FW松谷昂輝、選手権千葉県予選決勝(対流通経済大柏高)で2得点のMF森英希(ともに市立船橋高)や、攻守両面で能力高い注目SB古俣眞斗(日本文理高)、伝統校・習志野高(千葉)の中心選手・MF櫻庭晴人も加入する。

 また、帝京三高(山梨)のリーダーMF加藤和尊主将や左利きの俊足左SB坂岸寛大(横浜創英高)、選手権予選群馬準V・健大高崎高の10番MF橋爪悟、テクニカルなMF渡邊葵佑海(東福岡高)、身体能力高いDF玉井崇大(市立船橋高)、将来性への評価高いGK土屋佑太(鹿島高)もリストに名を連ねている。

 一方、Jクラブユースからも11選手が加入。SB森田慎吾(FC東京U-18)はキックと身体能力を武器にJ3で12試合に出場し、視野の広さと技術力が魅力のレフティーMF沼田航征(FC東京U-18)もJ3で5試合の出場経験を持つ。また、プレミアリーグEASTで全18試合に出場し、静岡県選抜でも活躍したDF長谷川夢作(ジュビロ磐田U-18)、プリンスリーグ九州で得点ランキング2位の11得点を叩き出している大型FW小野田涼(ロアッソ熊本U-18)、正確なプレーが特長のMF坂下桂悟(北海道コンサドーレ札幌U-18)も新潟医福大へ進学する。

 加えて、左利きのCB遠藤龍河(浦和レッズユース)、緩急自在のドリブラー・MF石川原憂汰と攻撃的な右SB唐澤航土(ともに鹿島アントラーズユース)、動き出しが特長のFW千葉玲王(アルビレックス新潟U-18)、テンポ良くゲームを作るMF竹坂悠汰(ロアッソ熊本U-18)、そして183cmの高さをウリとするFW南雲怜(大宮アルディージャU18)も北信越王者で個を磨く。

以下、新潟医療福祉大の入部予定選手
▼GK
土屋佑太(鹿島高)

▼DF
神田悠成(青森山田高)
玉井崇大(市立船橋高)
森田慎吾(FC東京U-18)
長谷川夢作(ジュビロ磐田U-18)
遠藤龍河(浦和レッズユース)
唐澤航土(鹿島アントラーズユース)
坂岸寛大(横浜創英高)
古俣眞斗(日本文理高)

▼MF
森英希(市立船橋高)
小池陸斗(尚志高)
櫻庭晴人(習志野高)
沼田航征(FC東京U-18)
竹坂悠汰(ロアッソ熊本U-18)
坂下桂悟(北海道コンサドーレ札幌U-18)
石川原憂汰(鹿島アントラーズユース)
千葉玲王(アルビレックス新潟U-18)
橋爪悟(健大高崎高)
渡邊葵佑海(東福岡高)
加藤和尊(帝京三高)

▼FW
田中翔太(青森山田高)
松谷昂輝(市立船橋高)
小野田涼(ロアッソ熊本U-18)
南雲怜(大宮アルディージャU18)

TOP