beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

食野に伝えた「俺を見ろ」…FW小川航基、意地の一発沈めるも「俺らは弱い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

意地の一発を沈めたU-23日本代表FW小川航基(水戸→磐田)

[1.15 AFC U-23選手権GL第3節 U-23日本代表 1-1 U-23カタール代表]

 ストライカーの右足が火を噴いた。U-23日本代表FW小川航基(水戸→磐田)は今大会初となるゴールを挙げ、歓喜の雄たけびを上げた。

 前半アディショナルタイムにMF田中碧(川崎F)が退場となり、数的不利に陥った日本は、後半から4-4-1へシステムを変更。最前線に入ったのが小川だった。カタールに押し込まれる展開にはなったが、日本は集中した守備ではね返し、カウンターから好機を伺う。

 そして、後半27分に背番号9が大仕事をやってのける。左サイドでDF杉岡大暉(湘南)からパスを受けたMF食野亮太郎(ハーツ)が中央に切れ込む。食野には伝えていた。「バイタルでもう少し顔を上げて、俺のことを見てほしい」と。小川の動きを見逃さなかった食野からパスを呼び込むと、「あそこの右足は僕の得意な形」とPA外から右足のシュートを放つ。相手GKの逆を突いたシュートはネットを揺らし、日本は1人少ないながらも先制に成功した。

「(これまでの)2試合ともに不甲斐ない戦いで、FWが点を取っていなかったので、思うところはあった。FWが決めないと始まらないので、得点を決めたところまでは良かった…」

 そう振り返ったように、小川の得点が勝利に結び付くことはなかった。後半33分にPKから失点して同点に追い付かれたチームは、勝ち越すことができずに1-1の引き分けに。今大会を1分2敗の未勝利で終えることとなった。感じたのは「俺らは弱いということ」だった。

「このままではいけない。ブラジルとか有名なチームに勝ったからといって、全然違ったんだなと改めて思った」

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP