beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUが今夏のカバーニ確保に本腰…パリSGと契約切れで争奪戦は不可避か

このエントリーをはてなブックマークに追加

去就が注目されるFWエディンソン・カバーニ

 パリSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、来季からプレミアリーグでプレーする可能性が高いようだ。

 マンチェスターの地元メディア『Manchester Evening News』は「マンチェスター・ユナイテッドはフリーになるカバーニの確保に向けて動きを見せている。夏加入の確約を取り付けるために本腰を入れた」と伝えている。

 カバーニは今季限りでパリSGとの契約が切れることもあり、このままであれば2020年夏から自由移籍が可能となる。ユナイテッドは移籍金が発生しないカバーニに照準を合わせているようだ。

 また、記事では「1月にカバーニはパリから離れることができない。夏のトランスファーが唯一の選択肢となる」とも伝えている。

 1987年生まれ、カバーニは今年の夏33歳を迎えるが、自由移籍となると引く手あまたな状況は不可避となる見通し。そんな中でユナイテッドはカバーニ争奪戦に勝利することができるのだろうか。引き続きその動向が注目される。

●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP