beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マルセイユは仏国内杯で終盤3発快勝、先発の酒井宏は後半警告受けて途中交代に

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF酒井宏樹は途中交代に

[1.17 フランス国内杯10回戦 グランビル0-3マルセイユ]

 クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)は17日に10回戦を行った。DF酒井宏樹が所属するマルセイユは4部のグランビルと対戦し、3-0で勝利。先発出場した酒井は後半23分に途中交代している。

 マルセイユは格下相手に前半を0-0で折り返す。酒井は後半2分に警告を受け、後半23分に途中交代となった。グランビルは後半30分にFWウィリアム・シーが2回目のイエローカードで退場処分になる。

 すると、数的優位に立ったマルセイユが終盤にゴールラッシュ。後半32分、DFアルバロ・ゴンサレスがPA内でパスを受けて右足ボレーで先制点を挙げる。さらに同38分にはMFネマニャ・ラドニッチがPA手前からの左足シュートで追加点。試合終了間際にはMFディミトリ・パイェが技ありの右足シュートでダメ押しの3点目を決めた。

 試合はそのまま終了し、マルセイユが3-0で快勝。次戦となる11回戦は今月28、29日を予定している。

●海外組ガイド
●クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP