beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョが補強の噂に言及「パリSGの友人がムバッペを…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

補強の噂について言及したジョゼ・モウリーニョ監督

 トッテナムジョゼ・モウリーニョ監督は、冗談を交えながら補強の噂について言及した。

 今季、難しい戦いの続くトッテナムは11月に指揮官交代に踏み切り、モウリーニョ監督を招聘。しかし、思うように勝ち点を伸ばせない状況が続く中、エースのFWハリー・ケインが長期離脱するなど悪い流れを断ち切れないでいる。これを受け、1月の移籍市場でストライカーの獲得が期待されているが、今のところ具体的な話は挙がっていない。

 そんな中、今冬の移籍市場ではパリSGで不遇の時を過ごすFWエジソン・カバーニの去就に注目が集まっている。トッテナムをはじめ、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、アトレティコ・マドリーが関心を寄せると報じられている。

 22日のノリッジ・シティ戦前の会見に臨んだモウリーニョ監督は、カバーニ獲得の噂について「他の監督たちは喜んで話すかもしれないが、私は他クラブの選手について話したがる男ではない」とメディアとの議論を拒否し、その理由を説明した。

「私はミスター・ナセル(アル・ケライフィパリSG会長)、(パリSGディレクター)ミスター・レオナルドととても良い関係性があり、私もこの最高の関係性を維持したいと思っている。良い関係性はリスペクトに基づいていて、パリSGの選手に関して話すことはない」

 その一方で「ただし、彼らが私の友人であれば、ローンで(キリアン・)ムバッペを送ってくれる可能性だってあるだろう?」とパリSGの“友人”がストライカー不在の危機に直面するポルトガル人指揮官を助けてくれる可能性があることを冗談を交えながら話している。

 また、トレーニング中にDFダニー・ローズとの間に緊張が走ったことについて問われた同指揮官は「君たちが何の話をしているか私にはわからない。彼との間に何も問題はない。私と選手たちの関係性は良好で、ダニーとの間にも何もない」と主張した。

●プレミアリーグ2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP