beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

退団希望エムレ・カンにドルトムントが興味…30億円でユーベは売却へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスで出番を失うエムレ・カン

 ユベントスで出番を失うエムレ・カンにドルトムントが興味を示しているようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

 2018年にリバプールからフリーでユベントスに加入したカン。昨シーズンはセリエA制覇に貢献したが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が去り、昨夏にマウリツィオ・サッリ監督が就任すると状況は一変。チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外れ、今シーズンはここまで8試合の出場に留まる。

 CLメンバー外が決まった直後に怒りをあらわにしたカンは、昨夏からユベントス退団を希望。そして、EURO2020本大会出場を目指す同選手の考えは現在も変わらないようで、適切なオファーがあればクラブも今冬の移籍市場での退団を認めるようだ。

 そんなカンに対して興味を持つと考えられるのがドルトムント。1月にユリアン・バイグルを放出した同クラブは、イタリアで不遇の時を過ごす同選手の獲得に向けてオファーを提示する準備を進めている様子。なお、セリエA王者は2500万ユーロ(約30億円)が提示されれば売却に応じると考えられている。

 出場機会を欲するジャンのユヴェントス退団の願いは届くのだろうか。

●セリエA2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP