beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野と交代のマネ、ハムストリング負傷…クロップ「サディオを欠くのはプレッシャー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷交代となったFWサディオ・マネ

 リバプールは23日に行われたプレミアリーグ第24節ウォルバーハンプトン戦でハムストリングを負傷したFWサディオ・マネの怪我の状態を確認する予定だ。『BBC』が伝えている。

 試合後、ユルゲン・クロップ監督は「サディオはハムストリングに痛みを感じた。状態についてはまだわからない。待つ必要がある」と言及。リバプールはこれから9日で3試合をこなすことになるが、「タフな試合が続くが、おそらくサディオを欠くことになる」と続けた。

 なお、クロップ監督は1位を走っていることについてプレッシャーは感じていないようだ。

「そのこと(順位)については考えていない。私が尋ねなければならなかったのは、実際の勝ち点がいくつかということだけだ。今週で自分たちの勝ち点がいくつになったのか本当に忘れてしまっていたから」

「そのことについては考えていなかった。日曜日にシュルーズベリーと戦い、水曜日にウエストハムと、そして土曜日にも戦うことはわかっている。7試合で3つの試合というのは多いよ。私たちはサディオ・マネを欠いてしまった。それはプレッシャーになると思う。他のことは何もプレッシャーに感じていない」

「私たちは、この試合が本当にタフなものになると言っていた。ウルブスは信じられないぐらい良いプレーをしている。対戦する他のすべてのチームとは、まったく違っているんだ」

●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP