beacon

鈴木優磨が快勝導く今季6点目! 守護神シュミットは2試合連続メンバー外に

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW鈴木優磨が今季6ゴール目

[1.25 ベルギー・リーグ第23節 ムスクロン1-3シントトロイデン]

 ベルギー・リーグ第23節が25日に行われ、GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、FW伊藤達哉の所属する11位シントトロイデンはアウェーで10位ムスクロンと対戦し、3-1で勝利した。12試合連続スタメンの鈴木は前半27分に今季6得点目となる先制ゴールを決め、後半39分までプレー。ベンチスタートの伊藤は出番がなく、シュミットは2試合連続でメンバー外だった。

 勝ち点1差で迎えた直接対決。ピッチが濃い霧に覆われた中、先にスコアを動かしたのはシントトロイデンだった。前半27分、PA内左へ抜け出したFWファクンド・コリディオがキープから中央へラストパス。フリーで走り込んだ鈴木が右足で流し込み、先制弾を奪った。

 鈴木は第20節アントワープ戦(△1-1)以来、3試合ぶりとなる今季6ゴール目を記録。1-0で折り返した後半9分には再びコリディオのパスからFWジョルダン・ボタカが右足で決め、追加点をマークした。

 さらに後半35分、コリディオの落としから途中出場のMFサムエル・アサモアーが右足を一閃。豪快なミドルシュートを突き刺し、3-0とする。同42分に1点を返されたシントトロイデンだったが、3-1で逃げ切り、2連勝を飾った。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP