beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ハメスを巡ってプレミアリーグの2クラブが争奪戦か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハメス・ロドリゲスの新天地は…

 レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)を巡ってプレミアリーグの2クラブが争奪戦を繰り広げているようだ。英『デイリー・メール』が伝えた。

 2014年ブラジルワールドカップでの活躍により、同年7月にレアルに加入したハメスは、ジネディーヌ・ジダン監督のもとで出場機会を得ることができず、2017年7月に2年間のレンタルでバイエルンに移籍。主力メンバーの一人としてブンデスリーガ連覇に貢献し、今季レアルに復帰を果たしたが、レギュラー獲得には至らず、ここまで公式戦11試合1得点にとどまっている。

 同紙によると、悩めるコロンビアのエースに対して、アーセナルエバートンが獲得に興味を示している模様。資金調達に苦労しているアーセナルは、レンタルでの獲得を望んでいるという。

 一方、エバートンは、レアルとバイエルン時代にハメスを指導したカルロ・アンチェロッティ監督が率いており、再び共闘する可能性があるようだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP