beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

駒澤大新入部員はSB野村やFW田海、CB鷹啄、GK王らスケール感大の選手たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜候補FW田海寧生(丸岡高)は駒澤大へ進学する

 関東大学サッカーリーグ1部の名門、駒澤大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、駒澤大)。

 ダイナミックな攻守や高さなど特長のある選手が、名を連ねている印象だ。DF野村天真(セレッソ大阪U-18)は、C大阪U-23の一員としてJ3で17試合に先発出場。攻守に力のあるSBだ。また、Jアカデミーからは191cmの大型GK王新宇(ガンバ大阪ユース)、豪快なヘッドなどを武器とするCB小針宏太郎(鹿島アントラーズユース)、俊足サイドアタッカーのMF上野正騎(ロアッソ熊本U-18)、大型ストライカーのFW本吉利安(ジェフユナイテッド千葉U-18)も駒大へ進学する。

 高体連からもタレントたちが加入する。福井の名門・丸岡高で下級生時からエース格のFW田海寧生は日本高校選抜候補にも選出されているストライカー。プリンスリーグ北信越では得点ランキング2位の13得点を記録している。

 名門・市立船橋高(千葉)の183cmCB鷹啄トラビスは相手FWを圧倒するようなエアバトルの強さが特長。186cmのCB松本ケンチザンガ(浦和東高)は全国的には無名だが、こちらも圧倒的な高さに注目のDFだ。

 また、DF篤快青は18年度の選手権で瀬戸内高(広島)の4強入りに貢献し、大会優秀選手にも選出されている実力派の左SB。他にも、2年時に選手権を経験している長身ストライカー、FW佐藤智隆(浦和南高)や、今冬の選手権に出場したFW近藤稜真(岡山学芸館高)、神奈川の強豪・湘南工科大附高のセンス高いMF小島心都も駒大に加わる。

以下、駒澤大の入部予定選手
▼GK
王新宇(ガンバ大阪ユース)
▼DF
松本ケンチザンガ(浦和東高)
鷹啄トラビス(市立船橋高)
小針宏太郎(鹿島アントラーズユース)
野村天真(セレッソ大阪U-18)
篤快青(瀬戸内高)
▼MF
小島心都(湘南工科大附高)
上野正騎(ロアッソ熊本U-18)
▼FW
本吉利安(ジェフユナイテッド千葉U-18)
田海寧生(丸岡高)
近藤稜真(岡山学芸館高)
佐藤智隆(浦和南高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

TOP