beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ウイルスに感染しろ」。イタリアのU-13試合で新型肺炎をネタにした差別発言…中国人少年は涙

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国・武漢で発生した新型コロナウイルス

 中国・武漢市で発生した新型肺炎が全世界で猛威を振るっているが、イタリアではこの新型肺炎を用いた差別事件が起きたようだ。28日までに伊『スカイスポーツ』や、中国『新浪体育』がこの嘆かわしい騒動を伝えている。

 騒動が起きたのは1月27日にイタリアのミラノ州で行われた少年サッカーの試合だった。13歳の中国人の少年が、試合中に対戦相手から「中国の(海鮮)市場にいるみたいに、ウイルスに感染しろ」という差別的発言を受け、少年は泣きながらピッチを後にしたという。

 少年の所属チームは公式Facebookで「最悪だったのは、審判と相手チームのコーチが何も行動を起こさなかったことだ。無関心すぎる。われわれはこの問題を放っておくことはできない」と声明を発表。複数メディアによると、その後相手チームと差別的発言を行った選手が、直接謝罪を行ったと伝えている。

 今回の騒動を受けてミラノ県チェザーノ・ボスコーネ地区のシモーネ・ネグリ市長は「我々は人種差別を認めない。人種差別主義者と戦う」と話し、差別的発言の撲滅を誓ったという。

 中国国内では広州恒大と上海申花のスーパーカップが延期となるなど、新型肺炎はスポーツ界にも大きな影響をもたらしている。
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP