beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3冠王者・明治大新入部員、U-17W杯出場CB村上、選手権でスーパーゴールのMF田中ら逸材加入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手権準決勝でスーパーゴールを決めるなど活躍したU-18日本代表MF田中克幸(帝京長岡高)は、明治大へ進学する。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 19年、関東大学1部リーグと総理大臣杯全日本大学トーナメント、そして全日本大学選手権(インカレ)の3冠を達成した明治大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、明治大)。

 空中戦の強さと粘り強い守備を武器に、U-17ワールドカップに出場したCB村上陽介(大宮アルディージャU18、20年U-18日本代表)をはじめ、守備力高くCB、SBでも力を発揮する19年U-18日本代表DF井上樹(ヴァンフォーレ甲府U-18)、U-17日本代表歴を持つストライカー、FW山崎稜介(清水エスパルスユース)も明大へ進学する。

 Jアカデミーからは、J3で18試合に出場している185cmの大型DF岡哲平とパスセンス光るMF金誠敏(ともにFC東京U-18)、そして大型アタッカーのFW太田龍之介(ファジアーノ岡山U-18)、国体優勝を経験している実力派GK久保賢也(大宮アルディージャU18)も加入する。

 高体連からも逸材たちが加わるようだ。全国高校選手権準決勝で青森山田高DF陣を個で切り裂いてスーパーゴールを決めるなど活躍したレフティー、20年U-18日本代表MF田中克幸(帝京長岡高)、攻守に渡って1対1で強さを発揮する日本高校選抜候補左SB阿部稜汰(日章学園高)、またGK佐藤文太は全国高校選手権で幾度もファインセーブを見せ、仙台育英高(宮城)を30年ぶりのベスト8へ導いた将来の守護神候補だ。

 プレミアリーグWESTに所属する名門・東福岡高(福岡)のCB丸山海大はU-17日本代表歴を持つ強力ストッパー。MF倉俣健(前橋育英高)は得点力を備えた左利きのドリブラーだ。そして、コロンビア系のFW佐藤恵允(実践学園高)は抜群の身体能力を武器に相手ゴールに迫る注目株。タレントたちが大学王者で成長を目指す。

以下、明治大の入部予定選手
▼GK
久保賢也(大宮アルディージャU18)
佐藤文太(仙台育英高)
▼DF
阿部稜汰(日章学園高)
井上樹(ヴァンフォーレ甲府U-18)
丸山海大(東福岡高)
村上陽介(大宮アルディージャU18)
岡哲平( FC東京U-18)
▼MF
金誠敏(FC東京U-18)
倉俣健(前橋育英高)
田中克幸(帝京長岡高)
▼FW
太田龍之介(ファジアーノ岡山U-18)
佐藤恵允(実践学園高)
山崎稜介(清水エスパルスユース)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

TOP