beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

九州中心に注目選手たちが集結。福岡大新入部員にSB岡田、MF重見、GK菅沼ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目左SB岡田大和(米子北高、右)は福岡大へ進学する

 九州の名門、福岡大が20年の入部予定選手を発表した(協力=福岡大、College Soccer Central)。

 4年後のプロ入りが期待できるような素材たちが集まった。山陰の強豪・米子北高(鳥取)の左SB岡田大和は強靭なフィジカルの持ち主。パンチのある左足も注目だ。夏冬全国に出場した大分高(大分)のMF重見柾斗は異質のパサー。選手権でも絶妙なラストパスでゴールを演出している。選手権出場校では、高川学園高(山口)の攻守の要、MF内田裕也主将と熊本国府高(熊本)の得点力備えた10番MF高原大騎主将も福大を進路に選んだ。

 GK菅沼一晃は2年時に静岡学園高相手にビッグセーブを連発して浜松開誠館高(静岡)に選手権初出場をもたらしている大型守護神。プリンスリーグ九州を戦った創成館高(長崎)のGK橋口欧介もアスリート能力高い守護神だ。

 九州国際大付高(福岡)の右SB稗田凌太主将と鹿児島城西高(鹿児島)の左WB飯野修司はいずれも九州屈指のDF。稗田は鋭い縦への仕掛けと豊富な運動量、飯野は破壊力十分の突破に注目だ。また、DF伊藤颯真(洛北高)は空中戦で抜群の強さを誇るストッパー。U-17九州の地域トレーニングキャンプメンバーに選ばれている隠れた実力派、DF榊原琉太(熊本商高)も加入する。

 加えて、強豪・鹿児島城西高(鹿児島)で主将、10番を務めたMF北條真汰(地域トレーニングキャンプU-17九州メンバー)と就実高(岡山)の快足サイドアタッカー、MF青木慧大浜松開誠館高(静岡)の最終ラインなどで奮闘したMF合戸倫太郎、九州国際大付高(福岡)の3トップの中央でパスワークの中心となっていたFW尾木滉、そしてU-17日本代表歴を持つMF合坪柊人(札幌創成高)も福大で成長を目指す。 

以下、福岡大の入部予定選手
▼GK
菅沼一晃(浜松開誠館高)
橋口欧介(創成館高) 
▼DF
伊藤颯真(洛北高)
榊原琉太(熊本商高)
岡田大和(米子北高)
稗田凌太(九州国際大付高)
飯野修司(鹿児島城西高)
▼MF
内田裕也(高川学園高)
重見柾斗(大分高)
高原大騎(熊本国府高)
北條真汰(鹿児島城西高)
青木慧大(就実高)
合坪柊人(札幌創成高)
合戸倫太郎(浜松開誠館高)
▼FW
尾木滉(九州国際大付高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

TOP