beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

白熱の上位対決はドロー決着…CBリュディガー2発のチェルシーは勝ち点差縮められず

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーはアントニオ・リュディガーが2発も…

[2.1 プレミア第25節 レスター・シティ2-2チェルシー]

 プレミアリーグ第25節が1日に行われ、キング・パワー・スタジアムでは3位レスター・シティ(勝ち点48)と4位チェルシー(同40)と激突。白熱の上位対決は2-2で引き分けに終わった。

 レスターは28日に行われたカラバオカップ(リーグ杯)準決勝アストン・ビラ(1-2)戦から2人を変更。膝を負傷したMFウィルフレッド・エンディディとFWケレチ・イヘアナチョに代え、負傷明けのFWジェイミー・バーディとMFハムザ・チャウドゥリーが先発に入った。

 対するチェルシーは、控え組を多く起用した25日のFAカップ(国内杯)4回戦のハル・シティ戦から6人を入れ替え、FWタミー・エイブラハムやMFジョルジーニョら主力を起用。引き続き先発となったGKウィリー・カバジェロは今季プレミアリーグ初出場となる。

 前半はインテンシティの高い試合となった。チェルシーは前線からのプレスがハマり、ジョルジーニョとダブルボランチのMFエンゴロ・カンテが古巣相手にボール奪取を連発。先発起用のGKカバジェロも好セーブをみせ、得点を許さなかった。

 一方のレスターは、時折ロングパスを織り交ぜながら縦に早い攻撃を仕掛け、前半25分にはバーディに決定機が訪れるも、シュートはGKカバジェロに防がれ、先制のチャンスを逃した。

 試合はスコアレスで迎えた後半早々に動いた。1分、MFメイソン・マウントの左CKからファーサイドに飛び込んだDFアントニオ・リュディガーがヘディングシュートを叩き込み、チェルシーが先制。リュディガーは今季初ゴールとなった。

 来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を目指すレスターはすぐさま反撃。後半9分、MFユーリ・ティーレマンスのスルーパスを左サイドで受けたMFハービー・バーンズがカットインから右足を振り抜くと、相手に当たってゴール右隅に吸い込まれた。

 バーンズの3試合連続ゴールで追いついたレスターは後半19分、左SBベン・チルウェルのクロスは逆サイドに流れたが、DFリカルド・ペレイラが回収してティーレマンスが再びゴール前に入れる。これをPA内に残っていたチルウェルが冷静に右足でゴール左へ蹴り込み、2-1と逆転に成功した。

 チェルシーは同点を目指してMFウィリアンとMFマテオ・コバチッチが交代の準備を進める中、後半26分に左サイドでFKを獲得。キッカーを務めたマウントがゴール前に蹴り込むと、リュディガーが打点の高いヘディングシュートを決め、同点に追いついた。

 レスターは後半31分、右CKからDFアンドレアス・クリステンセンのマークをはがしてDFジョニー・エバンスが決定的なヘディングシュート。35分には、右サイドを抜け出したバーディが早いタイミングで中央へ折り返し、バーンズが右足で合わせたが、立て続けのチャンスをいかせなかった。

 結局、その後は得点が生まれず、2-2でドロー決着。勝ち点8差を少しでも縮めたいチェルシーだったが、3試合未勝利(2分1敗)となっている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP