beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊東純也、らしさ全開の決勝アシスト! 森岡との日本人対決制す…鈴木優磨フル出場のシントトロイデンは完封負け

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW伊東純也が決勝アシスト

[2.1 ベルギー・リーグ第24節 ゲンク1-0シャルルロワ]

 ベルギー・リーグ第24節が1日に行われ、FW伊東純也の所属する6位ゲンクはホームでMF森岡亮太所属の4位シャルルロワと対戦し、1-0で勝利した。9試合連続スタメンの伊東は前半39分に決勝ゴールをアシストし、そのまま90分間プレー。開幕から全試合で先発起用されている森岡もフル出場したが、得点には絡めなかった。

 開始から攻勢を続けたゲンクは前半19分、DFジョアキム・マーレのクロスが相手のハンドを誘い、PKを獲得する。しかし、キッカーを務めたMFパトリク・フロショフスキーが失敗し、こぼれ球に詰めた伊東のシュートもGKにストップされた。

 それでもゲンクは前半39分にスコアを動かす。伊東が得意のドリブルでPA内右に切れ込み、マイナスに折り返すと、ニアのDFイェレ・ウロネンが右足のヒールで流し込んだ。

 後半は追加点こそ生まれなかったものの、相手の反撃をしのいで1-0の完封勝利。ゲンクは2試合ぶりの白星、シャルルロワは昨年10月4日の第10節アンデルレヒト戦(●1-2)以来の黒星となった。

 また、他会場ではDF植田直通が在籍する最下位セルクル・ブルージュがアウェーで13位オイペンと顔を合わせ、0-1で敗戦。植田はベンチ外となり、3試合連続で欠場した。チームは4連敗となっている。

 GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、FW伊藤達哉、DF松原后の所属する10位シントトロイデンは敵地で15位オーステンデと対決し、0-1の完封負けを喫した。13試合連続でスタメン起用された鈴木はフル出場し、ベンチスタートの伊藤は後半36分に途中出場。シュミットは3戦連続でメンバー外となり、新加入の松原もベンチ外だった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP