beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

関西学院大新入部員、クラセン得点王MF倍井や京都橘MF佐藤主将、大津MF濃野主将ら加入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブユース選手権得点王のMF倍井謙(名古屋グランパスU-18)は関西学院大へ進学する

 19年関西学生リーグ1部2位の関西学院大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、関西学院大、College Soccer Central)。

 名古屋グランパスU-18(愛知)のMF倍井謙は日本クラブユース選手権で6得点をマークし得点王。チームの日本一に大きく貢献した。昨年、J3で16試合に出場しているMF桃李理永}(セレッソ大阪U-18)は豊富な運動量を活かした攻守が持ち味。同じくJ3を11試合経験しているMF長尾優斗(ガンバ大阪ユース)は技術力の高いプレーヤーだ。また、プレミアリーグ勢の愛媛FC U-18(愛媛)で10番を背負ったMF塩崎彰も関学へ進学する。

 高体連からも将来のプロ入りを期待される選手たちが集まってきている。インターハイ4強・京都橘高(京都)の日本高校選抜MF佐藤陽太主将は豊富な運動量と、正確なプレースキックにも注目のボランチ。チームメートのMF高木大輝は突破力とパンチのある左足に注目のアタッカーだ。

 プレミアリーグWESTで4位に食い込んだ“公立の雄”大津高(熊本)のMF濃野公人主将は、足元の技術の高さを活かして決定的な仕事をするプレーヤー。選手権に出場した草津東高(滋賀)のFW渡邉颯太主将は力強いポストワークや空中戦の強さに注目のストライカーだ。

 加えて、プリンスリーグ関西でMVPに輝いた東海大大阪仰星高(大阪)MF美藤倫主将と191cmの高さから繰り出すヘッドが武器のCB濱本尚希(東山高)、そして神戸弘陵高(兵庫)の俊足FW濱本直大も関学での成長を目指す。

以下、関西学院大の入部予定選手
▼DF
濱本尚希(東山高)
▼MF
塩崎彰(愛媛FC U-18)
高木大輝(京都橘高)
美藤倫(東海大大阪仰星高)
長尾優斗(ガンバ大阪ユース)
倍井謙(名古屋グランパスU-18)
佐藤陽太(京都橘高)
濃野公人(大津高)
桃李理永(セレッソ大阪U-18)
▼FW
濱本直大(神戸弘陵高)
渡邉颯太(草津東高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
関西学生サッカー連盟公式サイト
College Soccer Central
twitter:JUFA_kansai
facebook:関西学生サッカー連盟
Google Plus 関西学生サッカー連盟広報フォトアルバム

TOP