beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2位ユベントス、今夏にイグアインら6選手放出の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴンサロ・イグアインらを放出?

 今夏にユベントスが6選手を放出する可能性が浮上している。スペイン『アス』が伝えた。

 2011-12シーズン以降、セリエAの絶対的王者に君臨しているユベントス。マウリツィオ・サッリ監督が就任した今季は、得失点差でインテルに次いで2位につけており、3位ラツィオとも勝ち点1差となっている。

 この状況にアンドレア・アニェッリ会長が納得していないようで、とくにパフォーマンスが悪い6選手をリストアップ。シーズン終了までにパフォーマンスが改善されなかった場合、今夏に放出することになるという。

 同紙によると、その放出候補はMFミラレム・ピアニッチ(29)とMFブレズ・マトゥイディ(32)、MFフェデリコ・ベルナルデスキ(25)、MFダグラス・コスタ(29)、DFアレックス・サンドロ(29)、FWゴンサロ・イグアイン(32)の6選手。ベルナルデスキとD・コスタを除く4選手は、ここまでセリエAで半分以上スタメンで起用されている。

 今後、テストされていく6選手。ユベントスは今夏に経験豊富な選手たちを大量に放出することになるのだろうか。

●セリエA2019-20特集

TOP