beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島新10番森島司が2発演出!「いい試合ができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

新10番森島司が2得点を演出した

[2.16 ルヴァン杯C組第1節 横浜FC0-2広島 ニッパツ]

 今季よりサンフレッチェ広島の10番を背負うMF森島司が、白星発進へと導いた。

 2得点すべてに絡んだ。まず前半25分、左サイドを突破してクロスを上げると、MFハイネルの折り返しをMFドウグラス・ヴィエイラがダイビングヘッドで押し込み、先制点が生まれる。

 前半アディショナルタイムに蹴ったCKからのチャンスはGK六反勇治の好セーブに阻まれたが、後半2分、相手のミスからボールを奪うと、スルーパスでFWレアンドロ・ペレイラの追加点を演出した。

 東京オリンピック開催年。チームとしては早い仕上がりを求められている。それだけに複数得点、無失点は勢いずく結果になった。

 自身の活躍も期待される東京オリンピック。「シーズン最初の試合なので、どうなるかなと思ったけど、いい試合ができてよかった」とホッとした表情を浮かべた新10番は、「リーグが始まるので活躍できるように頑張りたい」と更なる活躍を誓っていた。

(取材・文 児玉幸洋)
●ルヴァン杯2020特設ページ

TOP