beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ゲンクが3戦ぶり黒星でPO圏外転落の危機…伊東純也は途中交代

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW伊東純也は後半開始時に途中交代

[2.16 ベルギー・リーグ第26節 ゲンク1-3スタンダール・リエージュ]

 ベルギー・リーグ第26節が16日に開催され、FW伊東純也が在籍する6位ゲンクはホームで5位スタンダール・リエージュと対戦し、1-3で敗れた。11試合連続スタメンの伊東はハーフタイムで交代。チームは3試合ぶりの黒星を喫した。

 ゲンクは前半31分にスタンダール・リエージュのCKからDFジーニョ・バンフースデンに先制ゴールを奪われると、同42分にはFWドゥイェ・チョプに追加点を献上。0-2で前半を終えた。

 ハーフタイムが明けると伊東を含む2枚替えを敢行する。後半39分にFKからDFセバスティアン・デワーストがヘディングを決めてようやく1点を返したが、同アディショナルタイム2分にスタンダール・リエージュFWアレクサンダル・ボリェビッチのダメ押し弾を浴びて万事休す。プレーオフ1(チャンピオンシッププレーオフ)圏外の7位メヘレンとの勝ち点差は1に縮まり、予断を許さない状況となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP