beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]高さで九国上回った大津の3バック。DF金子「みんな『負けない』という気持ちだった」:九州

このエントリーをはてなブックマークに追加

大津高の3バック。右からDF金子遼太郎、DF本多陸也、DF猪谷匠

[2.18 九州高校(U-17)大会決勝 九州国際大付高 1-3 大津高 博多の森陸上競技場]

 競り合いの強さ、ハードワークは九州国際大付高の強みとする部分。だが、プレミアリーグで経験を積んできた選手の多い大津高は、対戦相手のストロングポイントで上回った。

 決勝戦では特に大津の浮き球に対する強さが印象的だった。3バックの中央に位置するDF猪谷匠(2年)のサポートを受ける形でDF金子遼太郎(2年)とDF本多陸也(2年)の両ストッパーが次々と勝利。ゴールキックやCK、FKで相手にほとんど触らせず、逆にFW半代将都(2年)がCKから先制ヘッドを決めて見せた。

 この空中戦の強さは。昨年のプレミアリーグでの経験が大きいようだ。JクラブユースのFWは自分たちよりも大柄だったり、身体能力の高い選手が多く、同時に跳躍しても勝つことができない。その中でタイミングや、身体の位置を意識。金子は「(プレミアリーグの相手にも)勝てるようになったので意識していました。(今日は)気迫もあって、みんな『負けない』という気持ちだったので勝つことができたと思います」と勝因について説明する。

 試合を通してほぼ競り負けなかったことをコーチ陣も評価。ただし、完璧な守りができた訳ではない。金子は「後半になってちょっと押されるところがあった時に、耐えれなくて失点してしまったのはまだ足りないところです」。自身のプレーについても競り勝つだけでなく、そのボールを繋げるようにならなければならないと感じている。

 金子は中学時代まではボランチで大津進学後にCBへ転向。DFに求められる部分を朝練習で積み重ね、空中戦やゴール前での守りが向上するなどかなり“DFらしく”なって来ている。冷静な攻守でチームにプラスアルファをもたらす存在は、課題を改善しながらより進化を遂げて「楽しみ」という全国上位の戦いや日本一を目指す。

(取材・文 吉田太郎)

TOP