beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]戦うメンタリティーと決定力備えた注目1年生、九国大付FW吉田晃盛が大津からもゴール:九州

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州国際大付高のFW吉田晃盛は九州大会で計4得点

[2.18 九州高校(U-17)大会決勝 九州国際大付高 1-3 大津高 博多の森陸上競技場]

 仕留める力を優勝校相手にも証明した。九州国際大付高のFW吉田晃盛(1年)は決勝戦で後半7分から出場。0-2の30分にはゴール前のこぼれ球を右足ダイレクトで右隅に沈め、チームに待望の1点をもたらした。

 対戦相手はプレミアリーグ勢の堅守・大津高で、左中間の位置からコースへ打ち込んだ一撃も簡単なシュートではかったはず。だが、「今日の試合なんて一発で仕留めないと勝てない」という吉田は、チームにとって唯一となるシュートを見事に決めて見せた。

 今大会は怪我の影響でベストコンディションではなく、出場時間は限られた。それでも、準々決勝(対秀岳館高戦)の同点ゴールと勝ち越しゴールなどを含めて計4発。一つのチャンスで決めるような力を持っている。

「嗅覚を自信として持っている。自分の武器として、ボールがどこに来るとか大体分かるというか、どうすれば点入るかとか、上手く味方を使って自分が点を獲れるところへ行ったり、前から得点は自信持っていました」という吉田は、その得点嗅覚の高さを発揮してチームの準優勝に貢献した。

 ボールを持つと、ゴール方向へ身体を向けて強引に突進していく。江藤謙一監督によると、「2年生も認めています」という戦うメンタリティー。本人も「自分ずっと負けず嫌いで、遊びのゲームでも負けたくない」という負けん気の強さは以前、マイナスの方向に行ってしまうこともあったという。だが、現在はその気持ちを勝利に結び付けられるようになり、ゴールへ向かう動きや守備で奮闘する部分で表している。

 強いチームを倒すことに魅力を感じており、小倉南FCジュニアユースから九国大付へ進学。「県のエースが集まってくる」東福岡高を倒すことを目指し、新人戦県大会でまず目標を一つ達成した。「熱いプレーをしたらファンも増えてくれるんで、応援してくれる人がガッカリしない選手になりたい」というFWは、インターハイ予選や選手権予選でもライバルを打ち倒して、全国で大暴れする意気込みだ。

 昨年は、2学年先輩で仲良くしてもらっていたというCB吉田晃(3年。→名古屋)が抜群の得点力を発揮。名前が似ていることから、間違えられて吉田に祝福の連絡が入ることもあったという。今年は自分が公式戦でゴールを決め続けて、何度も祝福を受ける。

(取材・文 吉田太郎)

TOP