beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「死者数が毎日増えている」「命の危険」…東京五輪を控える南アフリカ、新型肺炎で日本遠征を拒否

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23日本代表を率いる森保一監督

 3月27日に京都でU-23日本代表との国際親善試合を予定しているU-23南アフリカ代表が、感染が拡大する新型コロナウイルスを理由に同試合の開催へ難色を示しているようだ。イギリス『BBC』が報じている。

 7月に自国開催の東京オリンピックを控える日本は、3月27日に京都で南アフリカ、同30日に博多でU-23コートジボワール代表と国際親善試合を行う予定となっていた。南アフリカ、コートジボワールともに予選を勝ち抜き、すでに出場権を獲得している。

 だが、『BBC』によると、南アフリカは新型コロナウイルスに対する懸念から、3月に同国代表を日本に派遣して国際親善試合を行うつもりはないという。南アフリカサッカー協会(SAFA)のゲイ・モコエナ会長は、日本サッカー協会(JFA)に開催の見直しを訴えているようだ。

 同会長は「日本にこの決定を再考するよう求めており、我々は譲るつもりはない。我々は選手の最善の利益のために行動する必要がある。選手の命を危険にさらすことはできない。毎日、死者数が増えており、大きなリスクを冒す準備はできていない」と語っている。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP