beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J2開幕戦ダービーでシンデレラボーイ誕生! 福岡がJFL→川崎Fの20歳FWのJデビュー弾で北九州を退ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.23 J2第1節 北九州0-1福岡 ミクスタ]

 2020年シーズンのJ2リーグが23日に開幕した。ミクニワールドスタジアム北九州では、ギラヴァンツ北九州アビスパ福岡が対戦。アウェーの福岡がJリーグ初出場となるFW遠野大弥のゴールを守り抜き、1-0で勝利を飾った。

 昨季J3で優勝して4シーズンぶりにJ2へ復帰した北九州と、昨季J2での16位から巻き返しを図る福岡の一戦。開幕戦で実現した5年ぶりの“福岡ダービー”は、ライバル対決らしくエキサイティングな展開となる。

 最初に決定機を迎えたのは福岡だった。前半13分、DFエミル・サロモンソンがPA後方右から蹴り込んだボールをPA内左のFWフアンマ・デルガドが受け、右足でネットを揺らす。しかし、戻りオフサイドで得点は認められない。

 対する北九州も同15分、左サイドのMF新垣貴之からのクロスにファーのMF高橋大悟が右足のボレーで合わせるが、右外のサイドネットに当たって得点はならず。その後は福岡が攻勢を仕掛けて北九州が耐える中、前半44分にアウェーチームが均衡を破った。

 PA内右でMF福満隆貴、サロモンソンとつながり、中央のフアンマが落としたボールにMF重廣卓也は合わせ切れないが、こぼれ球に遠野が反応。右足で豪快に蹴り込み、先制ゴールを挙げた。

 現在20歳の遠野は藤枝明誠高から2017年にHonda FCへ加入し、2019年にはJFLベストイレブンに初選出。同年12月に川崎Fへの完全移籍が発表され、加入初年度の今季は福岡へ期限付き移籍している。Jリーグデビュー戦となったダービーの舞台で見事に初得点を記録した。

 ホームの声援を受ける北九州は徐々に攻撃の圧力を強め、後半は押し込む展開となったが、相手のディフェンスを最後まで攻略できず。福岡が1-0で逃げ切り、リーグ戦通算対戦成績を9勝2敗とした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第1節 スコア速報

TOP