beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「今年1年で人生変えたと言われるくらい…」磐田FW小川航基が開幕白星を導く2ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕戦で2ゴールを決めた磐田FW小川航基

[2.23 J2第1節 磐田2-0山形 ヤマハ]

 東京オリンピックに向けて最高のスタートを切った。ジュビロ磐田のFW小川航基は23日にホームで行われたJ2第1節・山形戦(○2-0)で全2ゴールを記録。試合後のフラッシュインタビューで今季に懸ける思いを語っている。

 2トップの一角で先発出場した小川は前半13分、MF山本康裕のシュートがGKに弾かれたところに詰め、左足で先制ゴールを奪取。「ああいうところで自分の目の前にこぼれてくるというのは、今年運があるんじゃないかと思います」。同35分の左CKでは巧みな動き出しでマークを剥がすと、「昌也くんのボールが100%良かった」とMF松本昌也のクロスにドンピシャのヘッドで合わせ、ニアサイドからゴール左に叩き込んだ。

 昨季は7月に水戸へ期限付き移籍し、J2リーグ戦17試合で7得点をマーク。その一方で、所属元の磐田はJ1最下位でJ2降格の憂き目に遭った。「僕はジュビロが苦しい時に力になれなかったので、今年こそ絶対ジュビロの力になってJ1昇格に貢献したい」。その強い覚悟を証明するような好パフォーマンスでチームを5年ぶりの開幕白星に導いた。

 今年7月には自国開催の東京五輪が控える。活躍が期待される世代屈指のストライカーは「今年1年に懸ける思いは人一倍強い。今年1年で人生変えたと言われるくらいの大活躍をしたいと思います」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第1節 スコア速報

TOP