beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高木采配ズバリの大宮が開幕白星! 新戦力の20歳山田康太が水戸“1号”も

このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮が開幕白星を飾った

[2.23 J2第1節 水戸1-2大宮 Ksスタ]

 2020シーズンのJ2リーグが23日に開幕し、大宮アルディージャ水戸ホーリーホックを2-1で下した。途中出場のFW富山貴光が後半30分に決勝ゴール。昨季3位の大宮は悲願のJ1復帰へ、白星スタートを切った。

 先手を取ったのは大宮だった。前半24分、右サイド深い位置からFWネルミン・ハスキッチがグラウンダーのクロスを配給し、オウンゴールを誘発。水戸はGK牲川歩見とDF岸田翔平の連携ミスから、岸田が触ったボールがゴールマウスに吸い込まれた。

 1点ビハインドで折り返した水戸は後半11分、試合を振り出しに戻す。FKのこぼれ球にPA内左で構えたMF山田康太が反応。浮き球のボールを巧みな左足コントロールから切り返すと、右足に持ち替えて冷静にゴール左隅に突き刺した。今季、横浜FMからレンタル加入した山田が水戸の今季1号。一進一退の攻防が続いたが、次の一点を奪ったのは大宮だった。

 後半30分、こぼれ球に反応したMF奥抜侃志が鋭いドリブルで左サイドをえぐると、PA左ゴールライン際からマイナス方向にクロス。走り込んだMF三門雄大のシュートはGKに防がれたが、富山が冷静に押し込んだ。高木琢也監督の采配が的中し、途中出場の選手が決勝ゴールを生んだ。2-1で競り勝った大宮が開幕白星を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第1節 スコア速報

TOP