beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨夏加入から半年…デ・ヨング「バルサでCL優勝できる感覚がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFフレンキー・デ・ヨングがバルセロナを語る

 バルセロナのMFフレンキー・デ・ヨングはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)に向けて、意気込みを語っている。24日、クラブ公式サイトが伝えた。

 22歳のオランダ代表MFはアヤックスの中核として10代で台頭。昨季の欧州CLでの大躍進を牽引した一人となった。2019年1月にはバルセロナ入りが決定しており、昨夏に加入。ここまでリーグ戦23試合に出場している。

 決勝トーナメントが始まり、いよいよ佳境となる欧州CL。バルセロナは26日に1回戦でナポリと相まみえる。デ・ヨングは敵地での第1戦について「サン・パオロでプレーしたことは一度もない」と思いを明かす。

 昨夏のプレシーズンマッチではナポリに4-0で快勝。デ・ヨングもフル出場で勝利に貢献した。しかしそのときを振り返り、「僕らはプレシーズンマッチで彼らと対戦したが、そういった試合は状況が違うし、その時のことはあまり当てにならない」と気を引き締めている。

「ナポリは素晴らしいチャンピオンズリーグの戦いをしている。リーグでは望んでいない結果もあるが、例えばリバプール戦ではとても良い戦いをしている」

 第1戦、第2戦と2試合あるものの、グループリーグとは雰囲気が異なる。デ・ヨングは「グループリーグは6試合あり、いくつかの試合に負けたり運の悪い日があれば修正する余地がある。勝ち抜け方式に入ると緊迫感があるし、レベルの差はほとんどなく、見る人たちにとってより感情の高まりがすごくある」と昨季の経験を語った。

 また、バルセロナでの半年間も回想する。大エースFWリオネル・メッシについて「彼と一緒に練習するようになった時には違和感があった」と語り、その理由を「12歳の時にすごくサッカーを見ていて彼は世界最高の選手だった。彼のプレーがすごく好き。そして今彼と一緒にプレーするようになったというのはとても特別なこと」と明かした。

 欧州最高峰のクラブでも順応を見せているが、「たくさんの試合に出ていて喜んでいるけど、まだ良くなることができると考えている」とさらなる改善を目指す。「チームには高いレベルがある。シーズン終盤により良いプレーができるよう期待している」。最終目標は欧州の頂点だ。「バルサは信じられないほど凄いクラブで、ずっとここでプレーしたかった。いつでもバルサでチャンピオンズリーグに優勝できるって感覚がある」と憧れのクラブでの頂点踏破を夢見ている。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP