beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルFWロドリゴがゴラッソ→ガッツポーズ→退場…クラシコは出場停止に

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bチームで退場したFWロドリゴ・ゴエス

 レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスがBチームでの退場処分により、3月1日にホームで行われるリーガ・エスパニョーラ第26節のバルセロナ戦は出場停止となった。

 マジョルカに期限付き移籍中のMF久保建英と同じ昨年夏にレアルの一員となり、今季はカスティージャでプレーしながらトップチームでも出番を得ているロドリゴ。23日に開催されたセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)のレジェス戦(○2-0)でスタメン出場すると、1-0の後半42分に自陣左サイドからスピードに乗ったドリブルでマークを振り切り、GKシャビ・イルレタとの1対1からネットを揺らした。

 ただ、その直前に倒れている相手選手がいながらボールを外に出さなかったこともあり、イルレタが抗議するように詰め寄ると、ロドリゴは挑発するようにガッツポーズ。主審が2人の間に割って入り、ロドリゴにこの日2枚目のイエローカードを提示した。

 スペイン『マルカ』は「奇妙なレッドカード」とロドリゴの退場シーンを動画で取り上げるとともに、規定によりトップチームでの次節も出場停止となることを伝えている。レアルはFWエデン・アザールを右足首の骨折で欠く中、さらに攻撃の駒を1つ失い、バルセロナとのクラシコに臨むことになった。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP