beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサは枠内1本…ガットゥーゾ監督はナポリ堅守に手応え「徹夜しても決め切れなかっただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナポリはバルセロナ相手に善戦

[2.25 欧州CL決勝T1回戦 ナポリ1-1バルセロナ]

 ナポリは25日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦でバルセロナと対戦。ホームでの第1戦は1-1で痛み分けとなった。『フットボール・イタリア』がジェンナーロ・ガットゥーゾ監督のコメントを伝えている。

 この冬からナポリを率いるガットゥーゾ監督にとって初の欧州CL参戦に。着実にチーム改革を進め、この試合でも4-3-3の布陣が功を奏した。特に守備時には4-1-4-1に変更し、バルセロナの攻撃陣を封印。そして前半30分にはショートカウンターからFWドリース・メルテンスが先制点を決めた。

 その後も堅守を維持したナポリだが、後半12分に一瞬の隙を突かれてFWアントワーヌ・グリエーズマンに同点弾を決められる。試合はそのまま1-1で終了し、第1戦は痛み分けとなった。

『スカイスポーツ・イタリア』へのインタビューで、指揮官は「いくつかのカウンターはあまりうまくはいかなかった。しかしやらなければいけないことはやった。相手のチャンスをほぼ許さなかった」と守備面での手応えを語った。

「後方からの組み立てやボール保持に関しては少し残念だったが、ハードワークによる疲れもあった。不運なことに、バルセロナにはひとつのミスも許されない」

「第2戦に向けた準備をする時間はある。ブスケツやビダルが出場停止なのも把握はしている。敵地での勝利を勝ち取ることが私たちの義務だ。ナポリには強力な選手が多い。バルセロナにはさらに優れた選手がいるが、集中して臨めば我々にはチャンスがある」

 グリエーズマンのゴールを許したものの、バルセロナの枠内シュートはその1本に抑えられた。ガットゥーゾ監督はその痛恨の一発を悔やみつつ、バルセロナの攻撃も分析。「セティエン監督が就任し、彼らはただパスをするだけでなく、5、6人が組織的に攻撃を仕掛けてくるようになった。それに対して我々は深くまで守備をしなくてはいけなくなった。そこにスペースが生まれれば、彼らは私たちを仕留めてくる」とその攻撃力を認めた。

 その上でバルセロナがこの試合で勝ち越せなかったことに、ガットゥーゾ監督は「彼らは我々をかろうじて仕留めそこねた」とほほ笑む。

 ナポリは守備面で4-1-4-1の布陣を敷いた。前線からはメルテンスやMFピオトル・ジエリンスキがプレスを、中盤はMFディエゴ・デンメを中心にボールをケアした。最終ラインではDFコスタス・マノラスが守備を統率。指揮官は「彼らはほとんどシュートを打てなかった。徹夜しても得点できなかったかもしれない。ひとつのミスから決められたけど、傷つけられてはいない。かろうじてくすぐられたくらいかな」と初の欧州CLでの戦いぶりに手応えを掴んでいる。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

TOP