beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

敵地リヨンでのCLに挑むユーベ、指揮官は「世界中で尊敬されている選手」の起用示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスは26日の欧州CLリヨン戦に臨む

 ユベントスは26日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦でリヨンと対戦。第1戦は敵地での戦いとなる。

 クラブ公式サイトでは、マウリツィオ・サッリ監督の25日の会見の様子を伝えている。対戦相手のリヨンについて、指揮官は「加速力とフィジカルを備えたテクニカルなチーム」と評し、「危険な相手なので、優れたパフォーマンスが必要になる」と気を引き締めている。

 イタリア『スカイ』では4-3-3の布陣を予想している。GKボイチェフ・スチェスニをゴール前に置き、最終ラインは右からDFダニーロ、DFマタイス・デ・リフト、DFレオナルド・ボヌッチ、DFアレックス・サンドロ。中盤はMFロドリゴ・ベンタンクール、MFミラレム・ピャニッチ、MFブレズ・マトゥイディを起用し、最前線はFWファン・クアドラード、FWパウロ・ディバラ、FWクリスティアーノ・ロナウドが並ぶ。

 リヨンはエースFWムサ・デンベレを始めとした魅力的な攻撃陣が揃う。サッリ監督は「我々の中盤には様々な特徴を持った選手が揃っている。明日は予測が難しく、3人のうち1人はダイナミズムが必要になるだろう」と明言は避けつつも、対策を考えているようだ。そして、ここまでリーグ戦11試合連続ゴールを継続させているC・ロナウドについては「世界中で尊敬されている選手。スタッツを見れば彼の好調ぶりが分かるだろう。フィジカル面でもメンタル面でも充実している」と起用を仄めかした。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●セリエA2019-20特集

TOP