beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リーズ所属の元レアルGK、人種差別で8試合出場停止&罰金830万円

このエントリーをはてなブックマークに追加

人種差別で処分を受けたGKキコ・カシージャ

 リーズのGKキコ・カシージャが8試合の出場停止および、罰金の処分を科された。

 昨年9月に敵地で行われたチャールトン・アスレティック戦(●0-1)で、カシージャはチャールトンFWジョナサン・レコに対して人種差別的な発言を行ったことが発覚していた。

 これを受け、イングランドサッカー協会(FA)の独立規制委員会が調査を開始。その後、11月に同組織はカシージャの発言がFA規約E3の「人種、肌の色、民族起源への言及」に当たると断定し、処分を下すことが決まった。そして28日、FAはカシージャに対して8試合の出場停止と6万ポンド(約830万円)の罰金処分、さらに教育プログラムへの出席を命じている。

 一方、レアル・マドリーから2019年冬に移籍した33歳の守護神は当初からチャールトンFWへの人種差別的な発言を否定。リーズもレコからの主張のみを酌んだFAの“不均衡”な決定への不満をあらわにする声明を出している。

 今季、ここまでチャンピオンシップ(イングランド2部)で35試合に出場し、WBAに次ぐ自動昇格圏内の2位に位置するリーズを後方から支えるカシージャ。しかし、マルセロ・ビエルサ監督はプレミアリーグ昇格に向けて重要なシーズン終盤に同選手を起用できないことが決まった。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP