beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

デンベレ度重なる負傷の真実…個人ではなくバルサのせい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷に悩まされるFWウスマン・デンベレ

 負傷離脱を繰り返すバルセロナのフランス代表FWウスマン・デンベレについて、スペイン『アス』がフランス『レキップ』の報道を基に「デンベレが負傷する本当の理由」と題して伝えている。

 デンベレは今年2月に右足大腿二頭筋の負傷を再発させ、手術後に復帰まで約6か月と診断された。2017年8月の加入から怪我に悩まされ続け、負傷離脱は合計9回となっている。

 レンヌ、ドルトムント時代は一度も怪我はなかった。バルセロナ加入後、ジャンクフードの摂取や睡眠時間の短さなど、たびたびライフスタイルを批判されてきたデンベレだが、専属シェフの証言によると、現在は改善してプロフェッショナルな生活を送っているという。

 それでも今回のような長期離脱につながる怪我を防げなかったのは、前所属クラブとバルセロナのトレーニングの違いが原因と見られる。デンベレのGPSデータを分析したところ、試合でプレーに関わる90%をスプリントに費やしていた一方で、トレーニング中の数値は20%。ゲーム中に見せるスプリントの強度にトレーニング内容が適合していなかったようだ。

 これを裏付けるように、今季アヤックスから移籍したMFフレンキー・デ・ヨングの例が紹介されている。同選手はトレーニングの強度不足を補うため、加入後すぐにパーソナルトレーナーを雇ったという。

 公にはされていないが、クラブは医療スタッフと選手とのミーティングでデンベレの負傷に関する責任を認めたと伝えられている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP