beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

8試合ぶりベンチスタートの中山、後半途中からピッチへ…際フル出場のズウォレはドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

シッタートと引き分けたズウォレ

[3.6 エールディビジ第26節 シッタート1-1ズウォレ]

 オランダ・エールディビジは6日、第26節を開催し、DF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズウォレシッタートのホームに乗り込み1-1で引き分けた。際はフル出場を果たし、8試合ぶりにベンチスタートとなった中山は後半25分から出場している。

 試合は前半をスコアレスで迎えた後半26分にシッタートが先制に成功。しかし、ズウォレは試合終了間際の同45分にMFレナート・ティがPKを沈め、1-1のドローに持ち込んだ。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

TOP