beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

7連勝→4戦勝ちなし…柴崎復帰デポルティボ、4失点大敗でまたも2部B降格圏に転落

このエントリーをはてなブックマークに追加

デポルティボMF柴崎岳

[3.7 スペイン2部第31節 アルメリア4-0デポルティボ]

 スペイン2部リーグは7日、第31節を各地で行い、MF柴崎岳所属のデポルティボアルメリアに0-4で敗れた。前々節でプロキャリア初の退場処分を下された柴崎は出場停止から復帰。フル出場を果たしたが、降格圏転落を止めることができなかった。

 デポルティボは序盤からズルズルと下がった最終ラインを突かれ、失点を重ねた。まずは前半12分、右サイドからのクロスを守備陣がクリアできず、こぼれ球を拾ったFWダルウィン・ヌニェスに先制点を献上。さらに29分、今度は中央をドリブルで駆け上がったMFイバン・バリウにゴール正面から決められた。

 後半も悪い流れは変わらず、8分には相手の波状攻撃で圧倒されると、ポストの跳ね返りに反応したFWフアン・ムニョス・ムニョスが3点目。終盤は次々に決定機をつくったもののシュートがことごとく枠を外れると、45分にヌニョスに4点目を与え、今季初の4失点で完封負けを喫した。

 デポルティボは今季、開幕節のオビエド戦(○3-2)で勝利した後、第2節から第20節にかけて19試合勝ちなしで最下位に低迷。第21節からはフェルナンド・バスケス監督の就任もあって7連勝を果たし、一気に残留圏内へとジャンプアップしたが、またしても4試合勝ちなしと再び苦境に陥り、2部Bリーグ(実質3部リーグ)降格圏の19位に転落した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP