beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ戦へ弾み!久保建英、スペイン紙が最高評価「マドリーでの居場所を与えるべき」

このエントリーをはてなブックマークに追加

久保建英を高く評価

 マジョルカは7日、リーガ・エスパニョーラ第27節でMF乾貴士の所属するエイバルと対戦し、2-1で競り勝った。全得点に絡んだ日本代表MF久保建英に対して、スペイン『アス』が最高評価を与えている。

 3試合連続スタメンの久保は、前半42分に先制点へつながるFKを獲得すると、1点リードの後半33分にはペナルティーアーク内から利き足とは逆の右足を振り抜き、今季3ゴール目を記録。後半37分までプレーし、チームの勝利に大きく貢献した。

 スペイン大手スポーツ紙の『アス』は、両チームで最高となる3点満点をつけ、「(レンタル元の)レアル・マドリーでの居場所を与える必要がある。久保がエイバル戦で創造的なゴラッソ」と日本代表MFの活躍を紹介。「ビセンテ・モレノ監督の計画でますます重要となった日本人は、利き足ではない右足でのゴールで勝利に導いた。とても素晴らしい」と称えた。

 マジョルカは次節、ホームでバルセロナと激突。直近3試合で2ゴール1アシストと調子を上げてきている久保が、古巣相手に成長した姿をみせられるか。注目の一戦は、日本時間15日の午前2時半キックオフを予定している。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●海外組ガイド
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP