beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮市亮の精密フィード炸裂!! またも先制ゴール導く今季7アシスト目

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF宮市亮が先制アシスト

[3.8 ブンデスリーガ2部第25節 ザントハウゼン2-2ザンクト・パウリ]

 ブンデスリーガ2部は8日、各地で第25節を行い、MF宮市亮が所属するザンクト・パウリは敵地でザントハウゼンと対戦し、2-2で引き分けた。宮市は先制点をアシストし、8試合連続でフル出場を果たした。

 宮市がまたも先制点をアシストした。前半28分、相手FKのこぼれ球をおさめた宮市はカウンターを発動。右サイドをドリブルで持ち上がると、センターライン手前から前線に精密なフィードを配給。背後に抜け出したFWヴィクトル・ギョケレスの先制ゴールを導いた。

 宮市は2試合ぶりとなる今季7アシスト目。先手を取ったザンクト・パウリだったが、前半終了間際にPKから失点し、後半18分に勝ち越し点を許した。それでも後半33分、FWディミトリオス・ディアマンタコスがゴールネットを揺らし、2-2の引き分けに持ち込んだ。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP