beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ラキティッチがサポーターからブーイング浴びる…アトレティコ移籍の可能性高まる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブーイングを浴びたイバン・ラキティッチ

 バルセロナMFイバン・ラキティッチは、やはり今季で同クラブを退団することになるのだろうか。

 昨夏の移籍市場ではパリSGのFWネイマールのトレード要員として扱われ、そしていざシーズンが始まると、MFフレンキー・デ・ヨングの加入の影響もあって出場機会が限定されることになったラキティッチ。選手本人はクラブに対する不満を公にしてきたが、状況は一向に好転していない。

 7日のリーガ・エスパニョーラ第27節、本拠地カンプ・ノウでのソシエダ戦(0-1)では先発出場を果たしたものの精彩を欠き、72分に途中交代でピッチから去り、その際には観客からブーイングを浴びせられている。

 ラキティッチはバルセロナと2021年まで契約を結んでいるが、『マルカ』など複数のスペインメディアは、今季限りで同クラブを後にする可能性が高いとの見解を示す。また『マルカ』はラキティッチの代理人がすでに動き始めており、以前から同選手を求めていたアトレティコ・マドリーと接触していることも報道。ただし、アトレティコ移籍が成立するかどうかは、アトレティコ側が選手側の要求する契約期間や年俸に応じられるかどうかが焦点となっているようだ。

 果たしてラキティッチの未来は、バルセロナ、アトレティコ、それともまた違うクラブのどこにあるのだろうか。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP