beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ&レアル、バイエルンDFアラバの獲得へ「準備が整った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンに所属するDFダビド・アラバ

 バルセロナレアル・マドリーが今夏の新戦力として、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバを狙っているようだ。両クラブが27歳の左サイドバック獲得に向けて「準備が整った」ことをイギリス『デイリー・メール』が伝えている。

 アラバは2010年1月にバイエルンの下部組織からトップチームに昇格。万能型の左サイドバックとして地位を確立し、今季はここまで公式戦28試合の出場で1ゴール2アシストを記録している。

 レアルは以前からアラバに興味を示していたが、昨季は同選手がバイエルン残留を決断したことで移籍は実現せず。ただ、DFマルセロが5月に32歳を迎えることなどから、今季も獲得を目指すという。また、バルセロナも30歳となったDFジョルディ・アルバに代わる存在を探しており、アラバが候補に挙がっているようだ。

 バイエルンとアラバの契約は2021年まで。ドイツ『ビルト』によると、現時点で契約延長か今夏の移籍かは決まっておらず、今後の去就は不透明となっている。

●ブンデスリーガ2019-20特集
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP