beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

練習でゴール連発。ブレイク期待の新2年生、高川学園MF林晴己の目標は「1試合1点」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴール連発を期待される高川学園高MF林晴己(新2年)

「足でも、頭でも点を獲れる選手になっていきたいです。今、自分は『アシストよりも得点を獲る選手になれ』と言われているので、1試合1点は必ず獲っていきたい。(山口県1部リーグでは)10点は獲りたいです」。高川学園高(山口)のMF林晴己(新2年)は、ブレイク期待のサイドアタッカーだ。

 取材日は、11対11のトレーニングで躍動した。ドリブルで斜めに持ち込んでから右足で1点目を叩き出すと、カットインからの左足シュートで2点目。さらに左クロスでDFの前に入り込んで3点目を決めた。さらに縦突破でDFを振り切り、MF末永章太郎(新3年)のゴールをアシスト。結果を含めて目立つプレーだった。

 国体山口県選抜の一人。昨年は春先の怪我の影響でインターハイ予選はメンバーに入ることができなかったが、選手権予選は登録メンバー入りして全国大会もベンチで雰囲気を味わった。

 全国3位に入った国体含めて大舞台で活躍することはできなかったが、今年に懸ける意気込みは十分。キープ力優れた長身FW中山桂吾(新2年)やFW福地優雅(新3年)らアタッカー陣には他にも力のある選手がいるが、「自分が点を獲って、3年生に頼らずに自分が見せれるような年にしたいです。(エースと言われるような活躍をして)みんなからそう思われたいですね」と静かに誓った。

 対面の選手の苦手なプレーを見極めて、弱点を突く狡猾さも兼備。相手の隙を逃さず、得点に結びつけていく。江本孝監督も「スピードはないけれど、ボディバランスが良く、簡単に相手を抜き去ることができる。責任感をしっかりと持っている」と期待するMFは、課題の守備や競り合いの部分含めてできることを増やしてシーズンをスタートさせる意気込みだ。

 目標は、憧れの選手というベルギー代表MFエデン・アザールのように得点量産もチャンスメークもできる選手になること。そして、今年は大舞台でゴールを決めて高川学園を勝利へ導く。

(取材・文 吉田太郎)

TOP