beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

創部2年目・福大若葉の注目1年生、FW合戸晴矢「プロになるのも1番、優勝するのも1番」に

このエントリーをはてなブックマークに追加

福大若葉高の練習会場に訪れていたFW合戸晴矢。4月から始まる高校サッカーでのプレーを楽しみにしていた

 創部2年目の福大若葉高(福岡)で「プロになるのも1番、優勝するのも1番、それをやってやる」という野心を持っている。FW合戸晴矢(新1年)は福岡県の街クラブ、ラパシオン出身。福岡県の国体選抜候補にも名を連ねている注目ストライカーだ。

 守備や連続性の部分などの課題があることは確かだが、キープ力や抜け出しの鋭さ、1タッチプレーの巧さはホンモノ。特に杉山公一監督が「(スカウティングに行った際、)格上とやっても必ず点を獲っていた」と説明する得点力は、高校サッカーでも早速発揮されそうだ。

 中学時代は「点獲られてもいいから、オレが決めてやる」という気持ちを持って試合へ。そして、その通りにゴールを奪い続けて注目される存在となった。福岡県内の強豪校・Jクラブユースが獲得を目指す中、「若葉高校から国体に選ばれたりして、福大からプロに行きたいです。ヒガシ、筑陽を倒すと決めた」FWは福大若葉を進路に選んだ。

 創部2年目だが、同期の1年生たちは「凄い」メンバーが集まったと感じている。彼らや先輩とともに福大若葉の歴史を築き上げていく意気込み。そのチームの中で「どんな状況でも点が獲れる」存在になることを誓った。

「強みは裏の抜け出しとか、個人でかわしてGKとの駆け引きでシュート決めたり、一番のウリは裏へ抜け出して一本で勝負を決めることです。憧れはレワンドフスキ選手です。収めて、合わせて、華麗なトラップとかシュートとかポンポン決めるので」とコメント。福岡大との高大一貫指導で力を磨き、即戦力としてプロ入りすることを目指している。

 兄・MF合戸倫太郎も今春、浜松開誠館高(静岡)から福岡大へ進学。3年後に兄とともに福大でプレーするチャンスもある。福大若葉で同校初の国体メンバー入り、初のプロ入り……と大志を抱いてスタートする高校生活。素材感十分のストライカーが福大若葉の「初」を一つでも多く達成して「福岡制覇」や「プロ入り」を果たす。

(取材・文 吉田太郎)

TOP