beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[練習試合]立正大淞南は白星掴めず。2戦連発のFW矢野「甘かったことを認識して、練習から」

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半5分、立正大淞南高FW矢野佑介が先制ゴール

[3.29 練習試合 立正大淞南高 1-1 長崎総合科学大附高]

 29日、立正大淞南高(島根)と長崎総合科学大附高(長崎)が練習試合を行い、1-1で引き分けた。

 前日は2試合で8失点した立正大淞南だが、この試合では素早い奪い返しから仕掛けに持ち込む回数を増やす。そして、MF藤井嵐(新3年)のミドルシュートや、右CKからCB岩本剛気(新2年)が放ったヘディングシュートで相手ゴールを脅かした。

 加えて、守備陣の目を動かすトリッキーなFKで長崎総科大附を揺さぶると後半5分、相手DFの小さなクリアを拾ったFW矢野佑介(新3年)が左足で先制点を叩き出した。直後にもMF鈴木暁大(新3年)が右サイドを突破し、ラストパスを矢野がスライディングシュートで合わせる。

 だが、長崎総科学大附GK梶原駿哉(新3年)の正面。こぼれ球を藤井や期待のMF井川真飛(新2年)が押し込もうとしたが、長崎総科学大附はCB藤田和也(新3年)、右SB小林麗王(新3年)、左SB大石航大(新3年)がカバーしてシュートを打たせない。

 一方の長崎総科大附は前半、推進力のあるMF岩永空潤(新3年)、MF小田晃暉(新3年)の両翼を中心としたサイド攻撃を展開。そして左SB大石のクロスが幾度かゴール前に入る。

 立正大淞南はクロスやDF背後へのボールをGK長野大河(新2年)や岩本が対応していた。だが後半11分、長崎総科大附FW岩見海斗(新3年)のミドルシュートがDFに当たってコースが変わり、そのままゴールイン。セットプレーのキッカーを務めるなどシュート精度と献身性を持つ岩見の一撃で1-1となった。

 この後、互いにシュートコースを消す部分やクロスを上げさせない、DFが必ず相手よりも先にボールを触れるという部分を発揮。特に長崎総科大附は繰り返し仕掛けてくる立正大淞南の攻撃を落ちない運動量、集中力で封じ続ける。このまま最後まで互いに譲らず、ドロー決着となった。

 この日、立正大淞南FW矢野は高川学園高戦でもゴールを決めたが、内容、結果ともに納得していなかった。「自分としては決めるところで決めきれたのは良いんですけれども、競り合いとか球際の部分で甘い部分が出たので反省したいと思います。決定機を外した部分もあったので、2点じゃなくてもっと点数を増やしていきたいと思っています」とコメント。立正大淞南のFW争いは熾烈だが、抜け出しからのシュートを得意とするFWは結果を残し続けて18年度全国高校選手権得点王のOB・FW藤井奨也(現福岡大)のようなストライカーを目指す。
 
 チームとしてはA戦の4試合で1分3敗と苦戦。矢野は「まだまだ自分たちが甘かったことを認識して、練習からしっかりみんなでこの経験を活かしてステップにしていきたいと思っています」と誓った。そして、「個人としても、チームとしても、結果を残せる1年にしたいと思っています」。個人個人が甘さを排除して日常に取り組み、結果に繋げる。

長崎総合科学大附高はFW岩見海斗のゴールで同点に追いついた


(取材・文 吉田太郎)

TOP