beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペイン紙「イニエスタの同僚が…」酒井高徳のコロナ陽性を報じるも“痛恨ミス”

このエントリーをはてなブックマークに追加

陽性と診断された神戸DF酒井高徳

 スペイン『マルカ』が30日、同日にヴィッセル神戸がDF酒井高徳の新型コロナウイルス陽性を発表したことを報じた。

 同紙は「ヴィッセル神戸のイニエスタのチームメイト、ゴウトク・サカイがコロナウイルス陽性」と題した記事を掲載。「コロナウイルスがJリーグに到達した」と伝え、「ヴィッセル神戸のイニエスタとサンペールのチームメイトは発熱で数日間病院で過ごした後、コロナウイルスの検査で陽性反応が出た」とレポートしている。

 続けて「ヴィッセル神戸は陽性を発表した一方で、サカイ以外の選手やクラブスタッフがコロナウイルスの症状が出ていないことも確認した」と記し、酒井が自身のインスタグラム(@sakai_go1123)で発した「クラブやファンにご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。コロナウィルスはどこに潜んでいるかわからない。僕には自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません」といったメッセージを紹介した。

 ただ、同紙が「ヴィッセル神戸での試合中のゴウトク・サカイ」とキャプションを付けて記事のトップに掲載した写真が、酒井本人ではなくMF山口蛍となっている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP