beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

世界最高DFファン・ダイクにとって一番の難敵は?「たぶん、レオ・メッシ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールDFフィルヒル・ファン・ダイクバルセロナFWリオネル・メッシ

 リバプールのDFフィルヒル・ファン・ダイクにとって、バルセロナのFWリオネル・メッシが最も難しい相手のようだ。

 昨シーズン、リバプールの14年ぶり6度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献したファン・ダイク。欧州サッカー連盟(UEFA)年間最優秀選手賞に輝き、あと一歩のところで受賞を逃したものの、2006年のファビオ・カンナバーロ氏以来となるDFとしてのバロンドール獲得を期待されるなど大活躍を見せている。

 現在のフットボール界で世界最高のDFと称される28歳のオランダ代表DFは、新型コロナウイルスの影響による自宅待機の機会を利用して、『Twitter』でファンからの質問を募集。その中で、一番の難敵について問われ「何人か難しいストライカーがいるけど、たぶんレオ・メッシだろうね」と回答。

 昨シーズンのCL準決勝で最終的には4-3の大逆転勝利を収めたものの、敵地での1戦目で2ゴールを許したアルゼンチン代表FWを“一番難しい相手”としてピックアップした。一方、最もマークし辛い選手には、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロを選んでいる。

 また、キャリアの中で最も気に入っている瞬間については「プロ選手としてのデビュー、代表チームでのデビュー、そしてもちろんマドリー(昨シーズンのCL決勝の舞台)だ」と言及。DFとして初めてUEFA年間最優秀選手賞を獲得したときについては「非現実的で、誇らしい瞬間だった。忘れることのない何かだ」と振り返った。

 その他にも、リバプール内でロイヤルランブルを開催したときの勝者に「ボス」とユルゲン・クロップ監督の名前を挙げたり、自身とジョー・ゴメス、トレント・アレクサンダー・アーノルド、アンドリュー・ロバートソンの中での100m走の勝者については「僕かジョー」と回答するなど、SNS上でのファンとの交流を楽しんだようだ。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP