beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

神戸から3人目の陽性反応…詳細な調査結果は「適切なタイミングで公表」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴィッセル神戸は2日、トップチーム関係者1人に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たと発表した。クラブは「引き続きヴィッセル神戸として保健所の指導のもと濃厚接触者の特定に努めてまいります」としている。

 発表によると、当該関係者は1日午後5時ごろに兵庫県内の病院でPCR検査を実施。軽度の咳、喉と前胸部の痛みがあった。続いて2日午後4時、検査の結果が判明し、陽性だったことが判明。喉や前胸部の痛みは続いている一方、両日にわたって発熱、味覚・嗅覚の異常はなかったという。

 神戸は今後のスケジュールや調査結果をJリーグ、兵庫県、保健所と連携し、「適切なタイミングで公表」する予定。トレーニング場については「選手、スタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに、運営の再開を予定しております」と伝えている。

 神戸は3月30日、元日本代表DF酒井高徳に陽性反応が出たと発表。4月1日にも「トップチーム関係者」1人の感染が発表されており、チーム内では3人目となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP