beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井高徳がSNSで経過を報告「味と匂いがしなくなった」、現状は回復傾向とも

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF酒井高徳がSNSで病状を報告

 ヴィッセル神戸のDF酒井高徳が自身のツイッター(@sakai_go1123)を更新。感染した新型コロナウイルスの病状を伝えている。

 酒井は3月末に新型コロナウイルスの感染検査が陽性だったことを公表。Jリーガーでの初の感染者となり、サッカーファンに改めて新型コロナウイルス感染の危機が迫っていることを知らしめた。その後、神戸ではトップチーム関係者にも感染が発覚しており、酒井を含めた3名の陽性反応が確認されている。

 酒井は5日に自身のツイッターを更新。「同じ様な症状があるなど色々なメッセージが有りましたので」と自身の体験を伝えている。酒井は最初に「熱、倦怠感、頭痛」から始まり、「2~3日後に熱が下がり、味と匂いがしなくなった」ことを語る。

 さらに「6~7日で味覚と嗅覚がもどった」と病状の変化を伝え、「そこからはずっと元気」と現状は回復傾向にあることを明かした。病状には個人差があることも強調しており、「これはあくまで自分の経過です。程度など期間は一人一人違うと思うので僕も医者ではありませんしわかりません」と注意喚起している。

「ただ不安になる気持ちは誰にでもあるので共有して少しでも伝えられたらと思いました」

「シェアする事の大事さも十分理解してますが間違った情報や考えを伝えたく無いので、全てを伝えられない事はご了承ください」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP