beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ロビーニョが回想するイブラとガットゥーゾが格闘した日。勝利したのは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

ズラタン・イブラヒモビッチジェンナーロ・ガットゥーゾの対決…勝者は?

 バシャクシェヒルに所属する元ブラジル代表FWロビーニョが、ミラン時代の思い出を語った。

 これまでにサントス、レアル・マドリー、マンチェスター・シティ、ミランなど名門でプレーしてきたロビーニョ。2010年から2014年まで所属したミラン時代には公式戦144試合の出場で32得点30アシストを記録し、2010-11シーズンにはセリエA優勝を経験した。

 2010年から2年にわたっては、ズラタン・イブラヒモビッチ、そしてジェンナーロ・ガットゥーゾ現ナポリ監督と共にプレー。ロビーニョは、ミラン時代の印象的な思い出として、強面の二人が練習中に格闘していたことをスペイン『マルカ』のインタビューで挙げた。

「練習中、イブラヒモビッチがガットゥーゾに柔術で対戦したことを覚えている。ガットゥーゾはズラタンに対してマーシャルアーツ(武術)でやり合っていた。ズラタンは黒帯だ」

「どっちが勝ったって? ズラタンは常に勝つ」

 ロビーニョとイブラヒモビッチは、マッシミリアーノ・アッレグリ氏が監督に就任した2010-11シーズン夏の同時期にミラン入り。ロビーニョのミラン移籍が決まったのは、イブラヒモビッチが関わっていたようだ。

「彼は、僕の獲得を自分がミランに確信させたと言っていた。『ここに来ることができて、俺に感謝しろよ』ってね。彼は傲慢かって? そうだね。でもそれがいい。信用に値する選手だ。エンターテイナーであり、勝者なんだ」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP