beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「悲劇的なニュース」ペップの母親が新型コロナ感染で死去

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョゼップ・グアルディオラ監督の母親が死去

 マンチェスター・シティは6日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(49)の母親であるドロルス・サラ・カリオさん(82)が新型コロナウイルスに感染し、亡くなったことをクラブ公式サイトで発表した。

 クラブは声明で「マンチェスター・シティのファミリーは本日、バルセロナのマンレサでペップの母親であるドロルス・サラ・カリオさんがコロナウイルスに罹患して死去したという知らせに心を痛めている。彼女は82歳だった」と伝えている。

 また、「悲劇的なニュースを聞いたカルドゥーン・アル・ムバラク会長は、クラブに代わって次のように語った」として、同会長の「この非常に悲しい時期を過ごしているペップと彼の家族に心からお悔やみを申し上げます。全てのシティファミリーの愛とサポートを彼と彼の家族に」というコメントを紹介した。

 スペイン『ムンド・デポルティボ』などによると、グアルディオラ監督は先月、新型コロナウイルスと戦う母国を支援するため、100万ユーロ(約1億2円万円)を寄付していたという。

 同指揮官に対し、古巣バルセロナやライバルのレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルといった多くのクラブが哀悼の意を表している。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP