beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ふろん太が再びYoutuberに!「すぐ見終わるからお願いっ」第1回企画は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグアウォーズでベストヤングプレーヤー賞の表彰式にも登壇したふろん太(日本代表活動で不在だったMF田中碧の代役)

 川崎フロンターレの公式マスコット『ふろん太』が9日、自身の公式ツイッター(@kawasaki_f)を更新し、クラブ公式Youtubeチャンネルに出演したことを明かした。「ふふふってことから、えっ!ってことまでいろんなことしたいなぁ。みんな、ぜひ見てね。(すぐ見終わるからお願いっ!)」などと告知している。

『ふろん太のやってみ太』と題した企画の第1回はけん玉。大きな身体とは対照的な小さなけん玉を操り、なんとかお皿に乗せようとする模様を撮影している。

 ふろん太は2015年、クラブ公式チャンネルで『「ふろん太」のチャレンジ!』を実施し、格闘技やアメリカンフットボール、アンプティサッカー、ラクロス、フィールドゴール、アルティメットなどさまざまな企画に挑戦。現在もクラブ公式サイトの趣味欄には「YouTubeに出ること」と記しているが、5年ぶりの冠番組となった。

 公式チャンネルの概要欄では出演経緯を説明。クラブ内の立ち位置が『カブレラ』に押され気味であること、Jリーグマスコット総選挙で「毎年なんとも言えない順位に低迷」していることから、「そんな状況を打破したいということで『常に新しいことに挑戦し続ける僕でありたい』などとそれっぽいことを言い出し、自ら新企画を提案」したという。

 クラブはあわせて「こんなことに挑戦したら面白いかも!…と一瞬でも頭をよぎった皆さん。こんな企画で協力できると思います! 絡みませんか!?うちのマスコットと遊びませんか!? 一緒に何かやりませんか!?などなど、自薦他薦を問いません」とし、「川崎フロンターレは、意見を出し合い、工夫をし、共に歩んでいただけるパートナーを募集しています」と呼びかけている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP