beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

最新FIFAランク発表:日本は6か月連続28位、新型コロナで順位変動1か国のみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、最新のFIFAランキングを発表した。日本は昨年10月から6か月連続で28位をキープ。全体にもほとんど変動がなかった。

 FIFAによると、新型コロナウイルスの感染拡大で3月の国際Aマッチウィークが大打撃を受けたため、ランキング計算に影響を与えたのはわずか4試合だった。

 順位が変わったのは南スーダンがバミューダと並んで168位に浮上したのみ。南スーダンは試合を行わなかったが、バミューダが3月11日の親善試合でジャマイカに敗れた。その他、2試合を戦ったパナマ(81位)を筆頭に、1試合のウズベキスタン(85位)、ベラルーシ(87位)、グアテマラ(130位)、ニカラグア(151位)はポイントが増減したものの、同じ順位にとどまった。

順位は以下の通り※()は前回順位

1.(1)ベルギー
2.(2)フランス
3.(3)ブラジル
4.(4)イングランド
5.(5)ウルグアイ
6.(6)クロアチア
7.(7)ポルトガル
8.(8)スペイン
9.(9)アルゼンチン
10.(10)コロンビア
11.(11)メキシコ
12.(12)スイス
13.(13)イタリア
14.(14)オランダ
15.(15)ドイツ
16.(16)デンマーク
17.(17)スウェーデン
17.(17)チリ
19.(19)ポーランド
20.(20)セネガル
21.(21)ペルー
22.(22)アメリカ
23.(23)ウェールズ
24.(24)ウクライナ
25.(25)ベネズエラ
26.(26)オーストリア
27.(27)チュニジア
28.(28)日本
29.(29)トルコ
29.(29)セルビア
……………
33.(33)イラン
40.(40)韓国
42.(42)オーストラリア
55.(55)カタール
67.(67)サウジアラビア
96.(96)キルギス
121.(121)タジキスタン
136.(136)ミャンマー
190.(190)モンゴル

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP