beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ岩手県代表成績_名手擁した盛岡商や遠野、専大北上が2勝に挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年は初出場の専修大北上高が1勝。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ岩手県代表校成績]

 2010年から18年までのインターハイ岩手県代表の座は、盛岡商高遠野高の名門2校が分け合ってきた。そのうち6回出場している盛岡商は、MF藤村慶太(現金沢)と18年まで盛岡でプレーしたDF久保海都が2年生だった10年大会で2回戦進出。同じく盛岡などでプレーしているMF谷村憲一が10番をつけた12年大会も初戦を突破した。岡山学芸館高(岡山)との2回戦では谷村が直接FKを決めたものの、逆転負け。18年も長崎日大高(長崎)にPK戦で敗れて2回戦敗退となっている。

 一方、遠野はFW本間達耶主将(→国士舘大)が攻撃を牽引した13年や、注目FW阿部亮太(現富士大)を擁していた17年などこの期間に出場した3大会でいずれも初戦を突破。だが、17年大会2回戦で優勝校の流通経済大柏高(千葉1)に0-4で敗れるなど3回戦に進むことができていない。

 19年には専修大北上高が全国大会初出場。大社高(島根)との初戦をMF菊地竜空の2ゴールなどによって3-2で制し、初勝利を挙げた。2回戦で敗れたものの、同大会3位の京都橘高(京都)とPK戦までもつれ込む好勝負を演じている。

以下、10年以降のインターハイ岩手県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:専修大北上高(初)
1回戦 3-2 大社高(島根)
2回戦 1-1(PK1-4)京都橘高(京都)

[2018年]
代表校:盛岡商高(25)
1回戦 2-1 東海学園高(愛知1)
2回戦 3-3(PK0-3)長崎日大高(長崎)

[2017年]
代表校:遠野高(20)
1回戦 2-0 実践学園高(東京2)
2回戦 0-4 流通経済大柏高(千葉1)

[2016年]
代表校:盛岡商高(24)
1回戦 0-1 慶應義塾高(神奈川2)

[2015年]
代表校:盛岡商高(23)
1回戦 1-4 草津東高(滋賀)

[2014年]
代表校:盛岡商高(22)
1回戦 2-3 鹿児島実高(鹿児島)

[2013年]
代表校:遠野高(19)
1回戦 3-1 高知商高(高知)
2回戦 0-2 九州国際大付高(福岡2)

[2012年]
代表校:盛岡商高(21)
1回戦 2-1 修徳高(東京1)
2回戦 1-2 岡山学芸館高(岡山)

[2011年]
代表校:遠野高(18)
1回戦 2-1 水戸商高(茨城)
2回戦 0-4 大津高(熊本)

[2010年]
代表校:盛岡商高(20)
1回戦 2-2(PK5-4)西京高(山口)
2回戦 1-3 山梨学院高(山梨)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP