beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ビエリ氏が性豪ぶりを告白「18歳から禁欲した日はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスチャン・ビエリ氏が突然の告白

 元イタリア代表FWクリスチャン・ビエリ氏が自らの性豪ぶりを告白した。英『サン』が伝えている。

 ビエリは16歳年下の妻コスタンツァ・カラッチョロさんとの間に先月、第二子を授かったばかり。パパとしての顔を持つ稀代のストライカーは46歳の現在に至るまで、毎日のように性行為を行ってきたことを告白している。

『サン』は「18歳からインテルレジェンドがパパになる46歳まで、ほぼ毎日セックスしてきたとクリスチャン・ビエリが話した」と見出しを打って報じた。

 ユベントス、アトレティコ・マドリー、インテルなどで活躍したビエリはイタリア代表としても49キャップを刻んだ。活躍の場はピッチ内にとどまらず、記事では「彼はオフ・ザ・ピッチでも同じようにゴールしてきたことを認めた」と伝えている。ビエリ氏は『マルカ』に対して、「18歳から禁欲した日はほぼない」と明かした。

「長年、私は多くの女性たちと関係を持ってきた。正直に話すと、マスコミに書かれたゴシップ記事はほとんどすべてが真実だ。ガセネタはほんのわずかしかなかったよ」

TOP